最新記事一覧

自分でできる住宅ケア

部屋

ノウハウと材料

和室のケアで定期的に行うことは障子、襖、畳の張替えです。中でも障子紙の張替えはもっとも簡単と言われています。畳屋さんなどで襖や障子の張替えも取り扱うことが多いですが、障子紙の張替えは1枚3000円〜5000円と言われており、雪見障子や変形したスタイルの障子の場合、費用が高くなるでしょう。ただ、障子紙の張替えは特別な技術が必要ないため、材料とノウハウがあれば誰でも出来ます。障子紙はそれほど高いものではありません。最近ではカラーのものや地模様が入ったものがあります。まずは現在の障子紙を剥がすのですが、お風呂場や庭で枠に水をかけながら剥がすと楽に剥がせます。しっかりと紙が剥がれたら、使い終わった歯ブラシ等で枠を綺麗に洗い、十分に乾燥した上で紙を生じに充てて、予め採寸しておきます。枠に良く溶かした糊を付け、ブラシを使って紙を貼り付けます。ある程度張りを持たせて貼り付け乾くのを待ちます。乾いてから、霧吹きで紙に水を拭き付けます。紙から水分が蒸発する際に張りが出ます。業者に依頼すればこの一連の作業を持ち帰って行うため、取り外し、搬送、取り付けに作業料金と紙代が請求されるでしょう。自宅でこれを行えば、ブラシ、糊、紙代のみで済みます。昔はどのご家庭でも障子紙の張替えは自宅で行ったものです。現在は豊かな時代となったことや、高齢化、離婚率が高まったことなどから、このような作業でも依頼するケースが多くなりました。また、これを生業にする業者も増えました。

Copyright© 2018 障子張替えはプロに依頼【質の高いサービスを低価格で提供可能】 All Rights Reserved.